蟹座のアセンダント

From Encyclopedia of Vedic Science
Jump to: navigation, search

この人物は特に優柔不断ですが、自分の気持ちをロマンチックに、ドラマチックに表現することができます。この人物の感情を支えているのは意志です。個性の形成は、家族的な生活や、家族との関係に直接結びついています。この人物は、 いつでも、どんなときでも慎重でいられます。敏感になったり、深い関わり合いを望む周囲の世界に対しては、非常に注意深く接します(臆病でさえあります)。この人物は、独自の直感と個人的な経験で周囲の世界を理解しようとします。話すことよりも、より多くのことを聞こうとする傾向にあります。その場の気分を表に出すことがあり、周りの人には怒りっぽい人だと思われることも多々ありますが、決定的な場面では非常に果敢に立ち向かいます。友人や味方になってくれる人を自分の周りに作ることに傑出した才能を持ち、そのような人からは離れません。この人物は暗示にかかりやすく、誠実さに欠けたり、敏感であったりもあります。新しい物事を選ぶときは慎重ですが、外部に影響されやすくなります。非常に多芸多才な能力を持っていますが、その才能は奥深くに眠っているため、なかなか発揮されません。この人物は、自分の才能や特別な能力を、外部に向かって発したり他人に見せて示したりすることよりも、内面で感じていることの方が重要だと考えます。自分の知識を他人と共有することを嫌う傾向があり、むしろすべてのことを自分の中だけに留めようとします。ある出来事があると、それに関与することを熱望し、重要な位置を占めようと、積極的に努力します。わかりやすく、明るい性格をしています。人の話を聞く才能はありますが、長々と多くのことをしゃべり続けることは好みません。自己意識には極端に敏感で、傷つきやすく、不安を感じることも多く、内面的な感情を表に出すことが苦手ですが、これらすべては克服しなければならない側面です。個性に深みがあり、思慮深く、感情豊かな性格の持ち主です。他人を安易に信じることはなく、閉鎖的な側面と静けさを持った印象を与えます。このような人物を外見だけで判断することは難しく、賛成しているのか反対しているのか、認めているのか非難しているのか見分けがつかないことがあります。表情だけを見ても、何を考えているのか、何をしようとしているのか、読み取ることはできません。しかし、実際には何も考えていないことが多く、むしろどのように表現してよいのか、どのような言葉を選ぶべきか思い悩んでいるだけなのです。この人物には、自分の表面的な世界と内面的な世界の両方を、特別に深く、感情的に感じ取る特徴があります。そのため、自己欺瞞をもたらしたり、自己表現を脅かしたりするような新しい経験や現実に対して、全力で自己防御しようとする傾向が強く見られます。これは、紛れもなくこの人物が自ら行うことであり、自分の感情的な考え方や表現の仕方がねじ曲げられないために必要なことなのです。このような人物にとって必要なのは、より本質的な感情ですが、その一方で、自分自身にはより正確かつ誠実でなければなりません。敵から受ける冷酷さの度合いは、この人物自身のエゴイズムによって左右されるということを、常に心得ていなければなりません。家庭と母に愛着を持ち、愛国的で、伝統を重んじます。さまざまな物を収集することが好きで、たびたび過去を振り返ります。生まれつき、豊かな想像力をもっていますが、それ故に、成功を収めるためには愛と自信を必要とします。生まれながらに自信がなく、トラブルから身を隠す傾向にあります。立ち振る舞いは優雅で魅力的ですが、わずかな脅威や不安感があると、われを失う傾向にあります。明るく繊細な感情の持ち主であるがゆえに、周囲の影響を受けます。