乙女座のアセンダント

From Encyclopedia of Vedic Science
Jump to: navigation, search

この人物は、現実的な物事に対しては、驚くべきほど道理に忠実である傾向にあります。自分自身の考え方を膨らませたり、実現させたりするうえでは、論理的かつ体系的に、計画通りに行動します。細部まで事細かに記録し、行動や自己表現、見識にかかわる成功の基盤となる、あらゆることを正確に分析します。完璧であり、絶対に間違いがないことを尊重します。量よりも、品質をはるかに高く評価します。この人物は、周囲の人とは合理的かつ秩序を持った関係を築きたいと願っています。現実的な物事だけを実行するため、いつでも、どんなことでも信頼できる人物です。自分の力を全力で捧げるため、物事には非常に注意深く、時には退屈な印象さえ与えることがあります。不完全なことに気づくと、激しく、はっきりと批判する傾向にあります。自分自身への批判は、冷静かつ安定した気持ちで受け止めます。自分が関与するあらゆることが自分にとって重要で、大きな意味を持つと考えています。それ故に、自分のしたことには自信を持ち、ずっと関わり合いを持っていたいと願っています。一度始めたことには真剣に向き合い、設定された目標に向かって安定して行動する傾向にあります。この人物の個性は、段階的に、徐々に変化していきます。性格は堅実かつ明快で、理性的です。個人的な経験に裏打ちされた、完全な信頼に基づいて成長するタイプです。移り気な性格で、とても手なずけやすい側面を持っています。いつも何かをしています。何事も快適で、清潔で、秩序正しくあることに義務感を感じますが、自分の近親者だけにこれを当てはめようとしたとしても、とても骨の折れるのを感じます。この人物は、自分に不満を持ち、周りの人にも不満を示します。少しでも秩序が乱れていると、人生を心から楽しむ気分にはなれません。その一方で、他の誰も気づかないような些細なことにまで(表面的で物質的な世界においても、個人的な内面においても)、その美しさや完璧さを見つけたり、評価したりすることができます。何事も、最後まで自分自身の才能で成し遂げるのが好きで、それ故に、繊細さや几帳面さを必要とすることでも、あらゆることも非常にうまく成し遂げます。この人物は、情報が足りないにもかかわらず、早急かつ大規模に状況を判断するよう迫られると、ほとんどの場合戸惑ってしまいます。物事を総合的に判断することが苦手で、想像力を使って何かを感じたり、自己表現することも苦手です。物事を理解するときに、文字通りに受け止める傾向があり(したがって、誤解してしまいます)、詳細な分析をしないまま、表に出さずに抑えておけない自分の気持ちを、素直に伝え過ぎてしまいます。賢明で、積極的な人物ですが、現実主義で秩序を過剰に重んじる傾向にあります。その一方で、たいして重要ではないことまで気になって、疲れてしまうことがよくあります。永遠の若さの秘訣を知っています。他人の弱さを感じ取る力を持っていて、その力を積極的に発揮しますが、その方法は巧妙かつ外交的です。細かいことにうるさかったり、泣き言を言ったりすることもあります。コメディアンやコメンテーターになることも、珍しくありません。この人物の洞察力は、他人の人格が何の影響を受けて形成されたのか、その人の性格にはどのような弱点があるのかを判断するのに役立ちます。